不安から決めた家賃保証付きで貸すマンション

不安を抱く必要はない

定常的に利益を得ながら生活したいリスクはできるだけ減らしたい不安を抱く必要はない

一方、マンションそのものの管理も行ってもらえる契約になっていて、修繕などが必要になった場合には業者側の負担で行ってもらえる仕組みになっていました。
業者側が空室対策として必要だと感じたときに行ってくれるだけでなく、自分が見てマンションの維持のために必要だと告げれば適切な検査を行った上で実施してもらえる形になっていたのも安心できた点です。
偶然近隣に物件を見つけることができたので、もし老朽化が進行してしまいそうなら修繕を依頼することができるという仕組みは活用しやすいでしょう。
また、もう一つとして契約期間が長くてどちら側からも違約金を払わなければ解約はできないという仕組みになっていた点です。
突然サブリース契約を破棄されてしまうリスクが有るという話を聞いていたので、業者側も違約金を払わなければ契約解除ができないというのは安心感がありました。
これなら家賃保証を受けて継続的にマンションを貸すことができると納得できたのです。
まだ投資に踏み切ってから年月が経っていないのでこれから先がどうなるかははっきりとはしていません。
しかし、とりあえずは不安を抱く必要もなく安定した家賃を手に入れることができています。